施設について

施設の沿革

明治 3年 市内井宮町に未決囚獄舎を設置
明治11年2月 静岡監獄舎署と改称
明治26年3月 市内追手町旧陸軍省属地(駿府城内)に移転
大正11年10月 静岡刑務所と改称
昭和42年8月 都市計画により現在地に移転
昭和58年3月 庁舎及び収容棟増設
昭和58年4月 二部制から四部一室制に組織改正
平成15年3月 収容棟及び工場棟増設
平成20年4月 四部一室制から三部制に組織改正
駿府城内時代(明治26年3月~昭和42年7月) 昭和42年8月 現在地移転 現在の全景

施設の規模

敷地面積 82,464m2
建物延面積 32,803m2

組織

組織図

収容対象者

当所は、未決拘禁施設が付設されていますので、裁判中の被告人等も収容していますが、当所で受刑する人たちは、主に関東甲信越静岡区域の裁判所で懲役刑が確定した26歳以上の男子受刑者のうち、実刑期10年未満で犯罪傾向の進んでいない人を収容しています。